布ナプキンのいろいろ〜ハンカチタイプ〜


布ナプキンのいろいろ〜ハンカチタイプ〜

ハンカチタイプの布ナプキンは、布を2つ折り、3つ折り、4つ折りと細長く折って使います。布ナプのスタンダード?の形ではないでしょうか。その使い勝手は、紙ナプキンに勝ります。

なぜなら、このハンカチタイプの布ナプキンの交換は、量によっては布ナプキンを丸ごと交換せず、血の付いていないきれいな面が肌にあたるように、折り方を変えるだけで済みます。

1回目、2回目、3回目・・・。量の少ない日は3回から4回、面を変えて使えるのではないでしょうか。会社勤めの人には、わざわざポーチをトイレまで持って行くこともしないで済むので、とても気が楽ですよね。

メーカーにもよりますが、布ナプキンのハンカチタイプは3つ折りや4つ折りにして使います。このハンカチタイプはとてもシンプルな作りで、布ナプの中央部分、月経血を一番吸収する所にあて布がしてあります。たたんだとき、布ナプキンの層が倍になるので、吸収力も意外とあります。

また、ハンカチタイプを折るときに、パッドタイプをはさめるという裏技も。両方を組み合わせることで、吸収力をUPできます。

また、私はまだ試したことがないのですが、折り方の応用編として細長く折るだけでなく、三角形(扇型)に折ることも出来るんですよね。布ナプキンを三角形に折りたたむことで、オシリ側の面積が広くなり、夜寝るときや、長時間座っているとき、量の多い日などに適応できるんです。

さすが布ナプキンは優れもの!



布ナプキンのいろいろ〜ひし型タイプ〜


布ナプキンのいろいろ〜ひし型タイプ〜

布ナプキンは調べてみると、いろいろな形があるみたいですね。
種類をちょっと調べてみました。

〜ひし型タイプ〜

ショーツにのせて、スナップをパチンと留めるだけのひし形タイプ布ナプキンは、着けていることを忘れるぐらいに自然な着け心地です。私も一番最初に購入した布ナプは、このひし型タイプでした。

プチサイズ、レギュラーサイズしかないかな?と思ったら、ちゃんと量の多い日用のラージサイズもあります。使い捨てナプキンと同じ感覚で使えるので、 布ナプ初心者には違和感なく使えるのではないでしょうか。

スナップ付きなので少々動いてもずれる不安がないですし、布ナプ初心者にはありがちな、つけてる事をすっかり忘れてトイレに落としちゃう!みたいなショッキングな出来事にも遭遇しないでしょう。(私だけかもしれませんが・・・)

さらにもう一つの利点は、布ナプキンのひし形タイプは小さくたためるんです!外出先で布ナプを交換するときも、スナップボタンでパチンと留めてたたんでおけば、汚れた面が目につくこともありませんし、汚れが乾燥しにくいので、帰宅してから浸けおきすれば問題なくきれいになります。

ひし型でない、スナップ付(羽つき)布ナプキンもありますよね。ポケットが付いていて、ライナーを変えたりできるのでおすすめです。



布ナプキンへの壁


布ナプキンへの壁

布ナプキンはケミカルナプキンにはないたくさんの魅力があり、私のまわりの友人は次々に布ナプキン派に移行しているのですが、最近ここでどうやら上手くいかない壁があるらしいことに気づきました。それは布ナプキンの洗濯の際において、家族の理解です。

布ナプキンは自分だけが使用しているものなので、一人暮らしなら自分で水につけて洗って干して・・・と全く問題無いのですが、家族がいると、どうもスムーズに事が運ばないこともあるようなのです。

独身の頃布ナプキンを使用していた友人は、結婚した今はもう使っていないとのこと。聞いてみると、結婚して旦那さんが水につけておいたのを見て嫌がったそうなのです。

なるほど、確かにそういう問題ってあるんですね。

そこで布ナプキンを洗濯する際、ぜひおすすめしたいのがホウロウバケツです。

布ナプキンの付け置きに!ふた付きホーローバケツ

ホウロウはガラス質で出来ているので、金属の表面と比べて洗浄効果が格段に高く、細菌の付着も少なく衛生的。
そして、錆びる心配もありません。

そして何と言っても付属のホウロウ蓋!中身を隠すのに蓋は絶対!の必需品です。
私もこういうのが欲しかったんです!これでお水につけてる間は、他の人に見られる心配はないですよね、安心です。

布ナプキンの付け置きに!ふた付きホーローバケツ





広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。